現地施工
Products

現地施工

設備の大型化にともない、ゴム機器の輸送が不可能な場合が多くなっております。このような場合に、当社では、現地での施工を行います。
大型苛性ソーダ貯槽を始め大型排煙脱硫装置及び大型攪拌槽など多くのゴムライニング施工も実績をもっております。当社独自の技術として、大型機器の場合の加硫や、圧力に関して特殊な技術で、評価をいただいております。

現地施工 ライニング

現地機器内部

現地施工 ライニング

現地施工作業

現地施工 ライニング

現地施工

現地施工 ライニング

現地施工作業

現地施工 ゴムライニング材の製造工程

1.母材受入確認 お客様お立会いでの既存状態の確認を行います。
2.既設ライニングの撤去 現存している既設ライニング部分を撤去を行います。
3.母材損傷確認 お客様お立会いでの母材損傷具合を確認し、補修が必要な場合はお客様へ一旦お引渡しをいたします。
4.表面処理 ライニング対象面に1種ケレン・2種ケレン等を行います。
5.清掃 ブラスト後、速やかに、グリット、じん埃などが残在しないように入念に清掃します。
6.配合 所定材料の配合を行います。
7.混合 配合した材料を混練機で混合調整を行います。
8.練生地検査 混合練した練生地が規定通り仕上がっているか、材料検査を行い適正であることを確認します。
9.シーティング 材料検査で合格した練生地をローラヘッド・押出し機、またはカレンダーロールにて、所定の厚みのゴムシートを加工します。
10.接着材塗布 ライニング材に適合する接着剤を塗布します。
11.シートライニング ゴムシートを裁断し、ハンドロールで残留エアーのないように圧着成型を行います。
12.加硫前検査 加硫前に、ピンホール、膨れなどのないことを検査します。
13.加硫前準備 加硫に伴い、周辺養生や加硫対象物の養生を行います。
14.加硫 加硫対象物に、ゴム材ごとの規定温度、時間による無圧加硫を行います。
15.仕上げ ゴムのはみ出しの除去、清掃などを行い、仕上げを行います。
16.立会い検査 完成品については、立会い検査として、外観検査、膜厚検査、硬さ検査、ピンホール検査を行います。
17.お引渡し お立会いによる検収後に周辺清掃及び整理を行い撤収いたします。